希少杉材「御山杉」「春日杉」「屋久杉」「神代杉」「紅檜」のブランド杉を使った、
SOU collection 新ラインの家具。
木端面にウェンジ材を組み込んだテーブルトップに、ロノ字に組んだ16 角鋼の脚と組合せ、
杉の杢をより際立たせた、シャープな印象のテーブルに仕上げました。

おすすめ順  |  価格順  |  新着順
  • 前のページ
  • 6商品中 1-6商品
  • 次のページ

Cedar Brand

  • 神代杉

    神代杉

    水中・土中にうずもれて長い年月を経過した杉。過去に火山灰の中に埋もれたもの。伊豆半島・箱根・京都・福井・屋久島などから掘り出されたものが多いとされる。灰褐色の色味が特徴的。

  • 屋久杉

    屋久杉(鹿児島県)

    屋久島の標高500m を超える山地に自生している天然の 杉。成長が遅く、年輪が緻密で、変化に富んだ木目模様が見られる。樹脂分を多く含むため、独特の芳香を放ち、腐りにくい。抗菌・防虫効果もあるとされる。

  • 紅檜

    紅檜(台湾)

    淡黄白色の細かく美しい杢目が特徴的。木目が非常に細かく、独特の芳香を放つ。精油分が多く耐水性に優れ耐朽性が高く丈夫。台湾には樹齢千年以上の巨木があり、屋久杉と同様に保護されている。

  • 春日杉

    春日杉(奈良県)

    春日大社境内の春日山の杉。風倒木、枯れ木しか利用できず希少価値が高い。心材は赤みを帯び、時と共に茶褐色に味わい深く変色する。大胆な笹杢が美しい。

  • 御山杉

    御山杉(三重県)

    伊勢神宮の敷地内に樹生する杉。神木として育ち、伐採することは許されず、ごく稀に自然災害などで倒れてしまった木だけが市場に出回る。赤みを帯び、木目が細かく、美しい笹杢が見られる。貴重な銘木として取り扱わる。

  • 秋田杉

    秋田杉(秋田県)

    天然秋田杉は100 年を過ぎた高齢のものでも持続的に生長するため大径木となる。標準的な樹齢は200 〜 250 年と推定されている。通直で伸びがあり、美しいつや・均一な木目を持つ。また、強度に優れ、狂いが少ないことも特徴。

  • 霧島杉

    霧島杉(鹿児島県)

    霧島神宮の神宮林の杉。風倒木や枯れ木のみの利用のため希少価値が高い。笹を散らしたような笹杢が繊細で美しい。広くは、狭野杉をはじめとする霧島山系全体や、南九州全体に産するものを総称することもある。

  • 魚梁瀬杉

    魚梁瀬杉(高知県)

    材の色彩が豊富で、多種多様な杢目が見られ楽しい。樹脂分が多く、時を経ると光沢を放つ。近年では、この天然木が出荷されなくなり、希少価値が高まっている。現在では先人が森林組合などに残したもの。