木材について

無垢材 天然木をそのまま切り出したものを、無垢材と呼びます。無垢の木は人と同じで、 「全く同じ」ものがありません。同じ種類でも育った場所や環境で木目や色はそれぞれ異なり、お気に入りの木材と出会った喜びはまさに恋愛です。小忠実に手入れをすることで、味わい深い経年変化が生まれます。これぞという木材に出会いたいお客さまは、ご来店いただくことをおすすめします。  
突 板 「つきいた」と読みます。無垢材を薄くスライスした木材のことを差し、合板の表面に様々な樹種の木材を化粧することができます。上手工作所では、主に、棚板の表面やシェルフに使用しています。  
杉積層材 SOU collectionで使用している、上手工作所オリジナルの積層材。2分5厘(約7mm)の厚みの天井用化粧杉材を合板またはMDFに挟み込み、積層材に仕上げています。 無垢の杉材にでは不可能な、曲げ加工や強度を可能としています。 表面は「うづくり」という、木目を浮き出させる加工を施せることも、杉ならではの魅力の一つです。  

樹種について

ナラ ナラは別名をミズナラといい、アメリカなどで生育しているホワイトオークと同じ樹種になります。強度と風格があり、ウイスキーの醸造樽の材料としても利用されています。白に近い黄褐色をしており、目の詰まったすべすべとした肌触りです。
タモ タモは堅く、反発力があるという特性から、野球のバットの材料として使われることで有名です。その強度を活かし、家具以外にも使われることが多い、品質の高い木材です。黄色みがかった淡褐色から薄茶色をしています。
チーク チークはその強い耐久性と優れた特性、美しさから世界的に高い評価を受けています。最大の特徴はチークの中には良質の油、木製タールが含まれており、塗装をしなくても水や摩擦に強く、時間が経っても材質が変わりにくいのが特徴です。中褐色から暗褐色の濃い色をしています。しっとりとした肌触りです。
ウォールナット ウォールナットの特徴は割れにくく、非常に加工性の良い木で、塗装をしなくても表面がウォールナット特有の艶のある美しい濃い茶色をしています。時間が経過することで暗茶褐色に変わって行くのも特徴で楽しい木材です。
クリ クリの特徴は耐久性、耐水性に優れており、一般的に通常の木だと腐食されやすいと言われている家屋の土台の材料として昔から利用されてきました。現在は蓄積量が減ってきている為、貴重な存在となりつつあります。上手工作所ではクリの特性を生かし、水に触れる事が多い家具に使用しています。
通常杉材を家具に使用することはあまりしませんが、独特の杢、やわらかな風合いを家具に取り入れています。また、「秋田杉」「吉野杉」「ヤナセ杉」「霧島杉」「屋久杉」等、産地によって表情が異なるところも魅力です。上手工作所の家具コレクション「SOU」の主材料です。

金物について

黒皮鉄 上手工作所の鉄工部で制作している家具の素材です。鉄の表面に酸化皮膜を張ったものを「クロカワ」と呼びます。酸化皮膜はそれ以上錆びにくくする加工です。一見すると黒色をしていますが、よく見ると青みがかったムラがあるのが特徴です。無塗装の鉄ですので、いずれ赤サビが出ますが、定期的にオイルを塗っていただくことでサビを防ぐことは可能です。 木材同様、手をかけることで表面に独特の経年変化を楽しむことができます。

水に触れることが想定できる製品には、ウレタン塗装を施します。 塗装した製品も、サビを完全には防ぐことはできません。
真鍮 真鍮は、空気中の成分と反応してくすんだり黒ずんだりする性質がありますので、お使いいただくうちに傷や、古びたアンティークゴールドに変わっていく色の風合いなどをじっくりと楽しめる、素朴で味わい深い金属です。

上手工作所の真鍮製品は、デットストック金物のアップサイクル製品です。表面に緑青という青緑色のさびが発生している場合があります。

仕上げについて

オイル クライデツァイト社の100%植物油を使用した、天然木材用保護塗料を使用しています。 木の特徴を最大限に引き出し、環境や人に優しい安全な塗料です。 家具をお買い上げ後、たまに軽く塗り付けることで、より永くおつきあいいただけます。 無垢材の魅力を一番引き出す塗装方法ともいえるので、上手工作所の基本の仕上げ方法です。
右記の着色オイル仕上げも可能です。
※実物とは色が異なって見える場合がございます。
クリアウレタン 水や傷、熱に強く、激しい環境を想定するケースに使用しています。 主に突き板を使用した家具の仕上げに使用しています。